支部セミナー・国際シンポ

SEMINAR

平成29年度支部セミナー

「光機能の新展開」 ~有機ELデバイスの新展開~

本セミナーでは、光と物質との相互作用に基づく新奇物性開拓から新規デバイ
ス応用にいたる最先端の研究成果をトピックスとした講演会を開催し、この分野にお
ける研究開発力向上を目指しています。本年は、実用化が始まった有機ELデバイスの
新展開として新規な熱活性化遅延蛍光材料の有機合成、理論、光物性、有機ELデバイ
スの動作機構解析、デバイス応用の分野で活躍されている研究者を講師にお招きし、
有機ELデバイスの基礎的な理解を目的とします。

主催 応用物理学会関西支部
日時 2018年1月6日(土)13:00~17:10
場所 大阪市立大学 学術情報総合センター 1F 文化交流室
〒558-8585 大阪市住吉区杉本3-3-138
内 容 (1) 13:00~13:05 開会の辞
(2) 13:05~13:50 梶 弘典(京都大学)
「有機ELデバイス -基礎科学と高機能化-」
(3) 13:50~14:35 佐藤 徹(京都大学)
「高次三重項状態からの逆系間交差を利用した発光分子の理論設計」
(4) 14:35~15:20 内藤裕義(大阪府立大学)
「熱活性化遅延蛍光材料の光・電子物性」
(5) 15:40~16:25 野口 裕(明治大学)
「有機ELデバイスの動作機構解析」
(6) 16:25~17:10 北 弘志(コニカミノルタ株式会社)
「リン光発光を用いた有機EL 照明の開発」
参加費 無料
申込方法

当日現地受付

連絡先 大阪府立大学大学院工学研究科 電子・数物系専攻 内藤 裕義
e-mail: naito@pe.osakafu-u.ac.jp